【第1回】 カジノ解禁のメリットデメリット リスト

メリットとデメ横浜にカジノ – 687781

旧ポルトガル領マカオは今や世界最大のカジノ都市。主に、大金を賭ける中国人VIPの投資を支えに、米ラスベガス・ストリップ(Las Vegas Strip)の6倍以上の収益を生み出している。12年の収益は、中国の経済成長が鈍化した影響で前の年から伸びが鈍化したものの、過去最高の億ドル(約3兆億円)を記録した。フィリピンとベトナムも巨大リゾート施設建設でアジア地域の市場シェア獲得をもくろんでいる。

カジノ法で何が変わる?メリットとデメリットを比較して考えてみよう

にも関わらず、だまし討ちの形で今回の誘致の意向を表明したことには怒りを禁じ得ません。 本日の市長による表明は、今秋の国会でカジノ委員会が設置されるという状況にせかされ、横浜市民に対して十分な説明責任を果たしていない不誠実極まりないものであります。 さらに、ギャンブル依存症、マネーロンダリング等の問題も治安悪化に直結することは言うまでもありません。 ギャンブル依存症はWHOで認知されている精神疾患であるにもかかわらず、日本においては調査や対策がほとんど行われてこなかったのが実情であり、その不安を拭い去ることは全くできておりません。 横浜市の経済波及効果に関する資料もカジノ事業を行いたい事業者から 「こんなに儲かりまっせ」と提供された都合のよいザクッとした数字のみが示されており、独自の調査などは行っていないことが伺えます。

ひとりディベート:日本でのカジノ解禁問題の背景

現行の法律では日本ではカジノを遊べませんが、 カジノ法案によって日本国内にカジノを作る動きが盛ん になっています。 カジノ法案とは、 日本国内でカジノを設立するための法律 です。 IRやIR推進法案などとも言われており、正式名称は「 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律 」。 交通事情やショッピングセンターなどが充実すれば、カジノに来る人だけではなく周辺に住んでいる人にとっての利便性も向上 するでしょう。

日本版カジノはどんな施設になる?

これらの地域や国々が「カジノ・リゾート」により大成功を収めているのです。 日本が指をくわえている手はありません。 当然ながら、日本に「統合型カジノ・リゾート」を建設すれば、多くの集客を望めるでしょう。 これらを支えるためには、大量のスタッフが必要であり、大きな「雇用」が生まれます。 経済を刺激する「雇用創出」の実現 ですね。

【news23】カジノ国会論戦、“誘致”の横浜でイベントも

203204205206207208209210211

ディスカッション