必ず確認しておきたい、貸借対照表に計上されない「簿外債務」とは リスト

ポイントの換金方法債務調査 – 909789

流通や航空業界での利用度が高いポイント制のすそ野が広がっており、交換して発行企業以外でも使用できるなど「疑似通貨」の機能を持つポイントも出てきている。 家電量販店のポイントシステムや航空会社のマイレージサービスなど種類は多種多様に及んでおり、ポイントとマイルの相互交換もでき、貯まったポイントは商品代金の値引きや景品・商品券・電子マネーとの交換に利用できる。 このようなポイントについて、平成19年1月直近決算期における未使用ポイントの負債総額は上場企業で3,億円超と報じられており、また、経済産業省も平成19年7月2日に「『企業ポイントのさらなる発展と活用に向けて』 企業ポイント研究会取りまとめ について」を発表したが、今回はガイドラインなど新たなルール作りは見送られたところである。 さらに、平成19年7月25日付新聞報道によると、欧州など世界約ヶ国で利用されている国際会計基準を作る専門家組織の国際会計基準理事会は、顧客が利用するまでポイントに相当する金額を売上から除外し、負債として計上するという、「ポイント」の会計処理として初の統一指針をまとめたと報じられている。 そのような状況ではあるが、我が国法人税法上、ポイントについて明確な規定や取扱いを明らかにしているものがないのが現状である。 そこで、ポイント制について、各種情報を収集するとともに研究し、ポイントの発生、交換 売買 、利用に係る法人税・消費税の取扱いを考察するものである。

債務超過でもM&Aは成立するが売主買主双方の理解が不可欠

まず,弁護士が全ての債権者へ受任通知を出すと,その効果として,債権者は,債務者本人に直接連絡をしたり,自宅などを訪問して取り立てをすることが禁じられるため,債務者本人への催促がされなくなります。また,今後の交渉等を全て弁護士に任せることができます。 弁護士は法的な債務整理に精通した専門家ですので,事案に適した解決方法を選択することができます。現在の債務金額を確認するために,債権者から取引経過履歴を開示してもらい,それをもとに引き直し計算をする必要がありますが,このような手続も速やかに行うことができます。債権者との交渉や,裁判所への申立て等も専門家として対応することができます。 債権者と交渉をするためには,まず債務額の調査をして残債務額を確定する必要があります。このためには,債権者から取引経過履歴を取寄せなければなりませんが,債権者が取引経過履歴の全面開示に協力してくれない場合があります。また,仮に取引経過履歴が開示されたとしても,それを利息制限法に基づき再計算(引直し計算)して残債務額を確定する必要があります。さらに、分割払等の内容について,債権者と和解をしなければなりません。 このように,ご自分で任意整理を行う場合には,かなりの労力が必要となりますので,弁護士等の専門家にご相談されることをお勧めします。 任意整理を選択するには,3年ほどで債務を返済できる見込みが必要です。そのため,継続的な収入等があり,毎月の返済に必要な金額を確保できることが前提となります。 そのような資力がない場合には,自己破産も視野に入れて考えることになります。自己破産に対して抵抗感を感じる方も多いですが,一方で,免責という大きな効果もあることから,弁護士と話合い,あなたに適した方法を選択することが必要です。 自己破産とは,多額の負債により支払不能の状態に陥った債務者が,裁判所に破産手続開始の申立てをし,裁判所による破産手続開始決定が出た後に,財産があれば破産管財人により財産を換価して債権者に平等に分配し,残った債務については支払を免除する(免責許可決定を受ける)手続です。債務者に免責不許可事由がなければ債務について免責を受けることができるため,早期の生活再建が可能となります。 債務者に資力がなく,破産手続開始決定前に破産手続の費用を支払えないと認められたときは,破産手続を進めても意味がないため,破産管財人を選任することなく,破産手続開始決定と同時に手続が終了され(同時廃止),免責手続へと移行します。 破産手続が開始された場合には、裁判所により破産管財人が選任され,財産の換価処分を行い,債権者に公平に分配し(配当),その後免責手続へと移行します。 個人が行う自己破産の場合,債務者が支払不能の状態にあることが破産原因として必要です。 支払不能状態とは,債務者が支払能力を欠くために,弁済期にある債務につき,一般的かつ継続的に弁済することができない状態のことをいいます。債務者の財産,信用,労務による収入のいずれをとっても支払ができないのかを総合的に判断します。

ポイントの換金方法債務調査 – 938894

譲渡企業が簿外債務に留意すべきフェーズ

ポイントサービス利用者は、ポイントを多く貯めるためにどのような工夫をしているのだろうか。 まず、ポイントサービス利用者(1,名)に、どのようなお店でポイントを貯めているか聞いたところ、1位「コンビニ」(75。

297298299300301302303304305

ディスカッション