IR整備法(カジノ法)の最新情報とニュースこれまでのまとめ リスト

インスタントゲーム横浜にカジノ – 279767

Inside Asian Gaming年1月号の特集記事として掲載した第1部では、日本で現在行われている業界の駆け引きをお見合いパーティーになぞらえ、「女子」が候補地、そして「男子」が彼女らを口説いている候補事業者だとして話を進めた。

第2部:候補事業者の紹介

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。

IR整備法(カジノ法)がらみで最近の出来事

政府は 年1月に半年以上の延期を経てカジノの規制や監督を担うカジノ管理委員会を発足させた 。カジノ管理委員会は内閣府の外局として設置。委員長1人と委員4人+事務局95人の合計人で構成される。IRは都道府県か政令市が国に対して申請できるが、基本方針に則り経済効果やギャンブル依存症対策などの基準をクリアしているか審査される。 参考: 基本方針案(概要) 基本方針案(本文)。 IR施設は面積でいえばMICE施設、宿泊施設のほうが大きくなる。 カジノの面積はIR総面積の3% と定め、ホテルの面積は10万m2以上、国際会議場は(人以上)収容と定めた。カジノ広告は外国人観光客むけのみを認めて場所は空港の国際線周辺に限定。この他、日本の文化を伝える施設の併設を求めている。 自己制限を設ける こととしている。これはギャンブル依存症は本人の意思ではやめられないことを鑑みて、本人や家族からの申し出によってカジノ事業者側が入場を制限する。日本人現金のみチップ交換可能とされるが、 カジノ事業者が客に金を貸せる仕組みも導入される 予定。ギャンブル依存症や借金、家族を巻き込んでの破産問題は解決されていないといえる。

石田雅彦の最近の記事

キーワード: 検索。

IR整備法(カジノ法)の現在の状況とこれからの日程

総合 国内 政治 海外 経済 IT スポーツ 芸能 女子 1。

178179180181182183184185186

ディスカッション