リスト

ポイントの換金方法債務調査 リスト

ポイントの換金方法債務調査 – 909789

流通や航空業界での利用度が高いポイント制のすそ野が広がっており、交換して発行企業以外でも使用できるなど「疑似通貨」の機能を持つポイントも出てきている。 家電量販店のポイントシステムや航空会社のマイレージサービスなど種類は多種多様に及んでおり、ポイントとマイルの相互交換もでき、貯まったポイントは商品代金の値引きや景品・商品券・電子マネーとの交換に利用できる。 このようなポイントについて、平成19年1月直近決算期における未使用ポイントの負債総額は上場企業で3,億円超と報じられており、また、経済産業省も平成19年7月2日に「『企業ポイントのさらなる発展と活用に向けて』 企業ポイント研究会取りまとめ について」を発表したが、今回はガイドラインなど新たなルール作りは見送られたところである。 さらに、平成19年7月25日付新聞報道によると、欧州など世界約ヶ国で利用されている国際会計基準を作る専門家組織の国際会計基準理事会は、顧客が利用するまでポイントに相当する金額を売上から除外し、負債として計上するという、「ポイント」の会計処理として初の統一指針をまとめたと報じられている。 そのような状況ではあるが、我が国法人税法上、ポイントについて明確な規定や取扱いを明らかにしているものがないのが現状である。 そこで、ポイント制について、各種情報を収集するとともに研究し、ポイントの発生、交換 売買 、利用に係る法人税・消費税の取扱いを考察するものである。

12345678910