【2020年版】日本のカジノ: IR)最新情報まとめ!有力候補地とIR法案を徹底調査 プロセス

ドルボーナスチャンス横浜にカジノ – 332161

総合型 リゾート (IR)が日本でも計画されており、 横浜市 が 名乗り 上げたほか各地域がIRを誘致している。もちろん賛成意見だけでなく、 カジノ ができることによる治安悪化で地域住民による反対意見も多い。治安悪化を防ぐことも最重要課題となってくるだろう。

オンラインカジノの人気

神奈川県は繁華街がある横浜が候補地になっています。横浜市は広いですが、カジノの誘致に向けて動いているのは、 「山下ふ頭」 です。山下ふ頭は横浜中華街や赤レンガ倉庫の近辺といえばイメージしやすいでしょう。 実は内部では対立が起こっているので、一筋縄では行っていない状況なのです。 山下ふ頭は横浜のシンボル で、観光客に親しまれている存在であるため、IR誘致によって再開発の効果を高めようという動きが強いです。 しかし、地元民や横浜の有力者である 横浜港運協会会長は断固として反対 しています。実際に地元企業団や地元民からの反発は根強く残っていて、「カジノなしの再開発」を臨んでいます。 横浜と同じようにIR誘致の有力候補地なのが 大阪府 です。実際に大阪はカジノ法案が取り上げられるようになった当初から、IRの開業候補地として名乗りを挙げていた自治体です。 大阪府はIR誘致と万博をセットで考えてきており 、年の万博開催地 として選出されています。

最新の大阪へのカジノ誘致ニュースについて

昨年の衆院解散でいったん廃案となった「カジノを中心とした統合型リゾート(IR)を推進する法案」(カジノ法案)が今国会に再提出され成立を目指す。カジノ解禁は安倍政権が成長戦略の柱と位置付けており、年の東京五輪に合わせたカジノ施設の開業を目指している。 再提出されるカジノ法案は昨年廃案になったものを引き継ぐ形となり、政府が指定する地域に限りカジノを認めるという内容だ。

そもそも、なぜ大阪はカジノ: IR)誘致に賛成なのか?

カジノを大阪に誘致することを考えたときに、 年に開催予定の万博前にカジノを開業することで相乗効果を狙っていました。 しかし、万博とIR誘致を同時進行し、 万博前にカジノを開業するのは現実的に難しい ため、現在では万博前開業を断念しています。 大阪がカジノ誘致に積極的なのは、万博との相乗効果だけでなく、 「夢洲」という広大な「空き地」を有効利用 し、経済効果を高めたいという思惑があるからです。 大阪は年のオリンピック開催地として誘致しており、選手村や競技場などの場所を夢洲にする計画でした。 しかし、 東京オリンピックが決定、大阪五輪の誘致に失敗したことにより、夢洲の土地が余ってしまった のです。 そこで、 年の万博開催 に向けて、 IR誘致 を行うことで海外の観光客を増やす効果が見込まれており、関西の経済を盛り上げる起爆剤として期待されています。 大阪カジノ誘致に関して、自治体は積極的な方針を示しているものの、反対派も少なからずいるのが現状です。 実際に、カジノが開業すると ギャンブル依存症者の増加が懸念 されています。また、ギャンブルで大金を失った人が ホームレス のような状態になったり、海外からさまざまな人が訪れることで 治安の悪化も心配 されています。 他にも、 マネーロンダリング として犯罪に使われたり、犯罪者が集まるなどの懸念も無視できないでしょう。 さらに、夢洲は現状だと自動車しかいけない土地であり、 アクセス面の整備 が必要ですが、「そもそもカジノは必要なのか?」と懸念されています。

249250251252253254255256257

ディスカッション