プロセス

損切りロスカットポーカー大会 プロセス

損切りロスカットポーカー大会 – 610399

株の世界では、投資家の9割の人が、含み損を抱えているといわれます。含み損とは、買った株の値段(投資額)より現在の値段 評価額 が低いという状態です。投資経験10年以上のベテランでも、そんな状態です。なぜそうなるのでしょうか。先に述べた人間の心理すなわち欲望に加え、投資環境が、高度経済成長時代から、低成長に大きく変化したこと、さらに情報化の進展で、株の売買スピードが格段に速くなっているためです。高度成長時代には、経済全体が右肩上がりで成長し、株を10年間保有していれば、2倍、3倍になりました。現在は、保有期間が長くなるほど、株価低下のリスクが大きくなっています。しかも、コンピュータによる売買スピードがアップし、株価の下落はまさにあっという間です。こうした時代に、初心者が株式投資で利益を上げるためには、まず、買った株価の損切りラインの目安をあらかじめ定め、 逆指値 などの形で、自動的に売却することです。損切りラインをどの程度に定めるかは、銘柄の業種、過去のトレンドなどで異なりますが、「損は早めに処分する」の鉄則から、買値より5~10%下がったラインを目安にするとよいでしょう。もちろん、景気回復局面で、株価が上昇傾向にある場合は、損切りラインはそれより小さくても構いません。しかし、損切りラインのルールを決めたら、必ず守らなければなりません。投資家の多くは、企業の財務内容がよく、成長性があるにもかかわらず、株価が割安に据え置かれている銘柄に投資します。こうした投資は、長期バリュー投資 割安株投資 といわれます。長期バリュー投資であっても、株価は突然下落することがあります。それに備えて、損切りラインは必ず設定するようにしましょう。

ウィナーズ投資法ゴルディロックスと3匹のくまスロット プロセス

ウィナーズ投資法ゴルディロックスと3匹のくまスロット – 464451

金融市場では、物価(インフレ)の上昇率が高すぎず低すぎず、経済全般が落ち着いている状況を「ゴルディロックス経済」と呼ぶことがあります。それは、多くの投資家が居心地良く感じる「適温経済」と言えます。言うなれば、先行きを強く懸念することなくリスクがとりやすい、投資にちょうどいい状況です。 経済や金融市場は常に合理的に動くとは限りません。企業業績が悪化している一方で、株価が上昇することなど、理屈で説明しづらいことは日常茶飯事です。それを的確に説明することは、そう簡単なことではありません。 そうした状況に直面したとき、多くのエコノミストらが「ゴルディロックス経済到来」と言い始めることが多いようです。この言葉には、分かったような気になってしまう雰囲気があるのかもしれませんが、逆に言えば、どのような経済環境がゴルディロックスに相当するか、厳密な定義はないと言えます。その分、エコノミストらが何をもって「ゴルディロックス」と言うか、その背景を客観的に把握する必要があります。 ゴルディロックス経済という呼び方が使われ始めたのは、年頃と言われています。米国の大手証券会社に勤務していたエコノミストがこの表現を用いたのが最初であるようです。当時、米国経済は3%前後の堅調な成長を遂げていました。一方、物価も安定的に推移していました。この背景には、情報(IT)技術の革新が企業活動などに関するコストを低下させ、徐々に消費者物価が落ち着き始めたことが影響しているのではないかと考えられます。

1234567