予約条件をご確認ください スキル

山の上のグランドハイアットマカオカジノ – 12427

ホテルリスボア まで行くとセナド広場までは歩いて行け、 聖ポール天主堂跡 から モンテの砦 まで全て歩いてまわれます。

旅好き流・マカオの楽しみ方を特別伝授!

まず今のマカオの魅力を"ひとこと"で言い表すとしたら 「ヨーロッパ(ポルトガル)と中国、アメリカ(ラスベガス)を一度に楽しむことができるファンタスティックなワンダーランド」 でしょうか。 東洋と西洋の文化、食、人の交流、共生、そしてその混在した中から生まれたマカオ独自の文化が加わり、味わい深い街を形成しています。そんな刺激的な街に日本からたった4~5時間でたどり着くことができる。これがマカオを訪れる最大のメリットです。さらにマカオの魅力を掘り起こすと、次の3つのポイントを堪能できるといえるでしょう。 マカオというとカジノのイメージがあるかと思いますが、最近日本でも話題の「IR(Integrated Resort/統合型リゾート)」とは、カジノだけを指すのではなく、リゾート、プール、スパ、食事、ショッピング、シアター、ショーなどエンターテインメント、国際会議場、イルミネーションなど、ホテルに滞在するだけで十分楽しめる要素が溢れた統合型リゾートのことを指すのです。実際、マカオに来る観光客はファミリー層、カップル層、企業のインセンティブ旅行等が多いです。IRがそういった観光客層の期待にしっかり応えているということがわかるでしょう。 パタカ(MOPと表記)。 1パタカは約15円(年6月現在)。日本でパタカへの両替は出来ない。マカオでは、空港、ホテル、カジノ等で両替できる。 香港ドルは両替せずそのまま使える(実際には1パタカ=0。 高温多湿の亜熱帯気候。年間平均気温は20度前後、湿度は70~90%とかなり高い。 屋外は暑いがホテルなど冷房が効きすぎることがあるので1枚羽織るものがあると便利。 旅行のベストシーズンは11~2月。

フォートラベル公式LINE@

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts)が運営する年9月にオープンしたカジノホテル。ショッピングスポットとしても人気ですが、パフォーマンス・レイクで行われている噴水ショー(無料)が一番の見所です。日曜日から金曜日は午前11時から午後9時45分まで、土曜日・祝日は午前11時から午後10時45分まで行われています。 ハイブランドがブティックを構える複合施設「ワン・セントラル・マカオ(One Central Macau)」前から撮影した嘉楽庇総督大橋。嘉楽庇総督大橋は全長約2。 嘉模聖母教堂(Igreja de Nossa Senhora do Carmo)近くに位置する展望台(無料)。筆者は午後10時過ぎに訪れましたが、誰もおらず夜景を独り占めすることができました。ギャラクシー・マカオやザ・ベネチアン・マカオなどの夜景が綺麗に見れるため、タイパ島側で最もおすすめしたい絶好の夜景スポットになります。 マカオの夜景は一見の価値あり! カジノ街の絶景が見れる秘密の場所を教えます。噴水ショーが見れるカジノがあった?聖ポール天主堂跡のライトアップとは?マカオタワーを見るならどこがおすすめ? 今回は実際に滞在した筆者が「マカオ半島側」、「タイパ島側」に分けて夜景を紹介していきます。聖ポール天主堂跡やセナド広場などの世界遺産、ギャラクシー・マカオなどのカジノ、マカオタワーが見られるおすすめポイントなど合計30ヵ所の夜景スポットを掲載しています。ぜひ、マカオ観光の参考にしてください! スポンサーリンク。 アクセス:セナド広場から徒歩8分( 地図 )。

マカオのアクセスランキング

日本から気軽にカジノ旅できる国として人気の 「マカオ」 初めての海外旅行で心配なのは、日本語が通じないこと。マカオで日本語や英語対応ができるスタッフが充実しているカジノホテル「グランドハイアット・マカオホテル」を紹介します! 世界レベルの水上ショーも楽しめる高級ホテルを、ぜひチェックしておきましょう。

145146147148149150151152153

ディスカッション