Eスポーツに関わる仕事の年収はいくら?職種ごとのお給料事情を解説! スキル

高収入eスポーツ – 299788

イトルを生み出してまいりました。 他日本国内 eスポーツ のメディアプランナーモバイル向けゲームア。

2018年の日本eスポーツ市場規模

eスポーツは過酷だ。反射神経に操作精度、チーム戦では高度な戦術理解が試される。長時間戦い抜く持久力も要るため、走り込みで体力作りに励む選手も多い。集中力を測るメガネ「JINS MEME」で事業開発を担当するジンズの渡辺寛紀氏もeスポーツ選手の集中力に注目。「eスポーツで集中力は重要な要素。トップ選手にはゲーム開始から数秒で集中力を最高にし、維持する驚異的な能力がある」と舌を巻く。 プロチーム「Libalent Vertex」のLeisia選手の視線は無駄な動きがない。映像や音で戦況を正確に把握し、見る場所を絞り込む。「視線のプロ」のTobii Technologyの藤井久仁子氏は「ショットを打つ時のプロゴルファーと似ている」という。eスポーツには深い先読みと大局観も必要で、囲碁や将棋と共通点もある。東大生のSpicies選手は「DetonatioN Gaming」に所属。カードゲーム「シャドウバース」で種超のカードを分析し、最適な組み合わせや戦術を日々研究する。試合は制限時間内に最善の打ち手を探す「瞬発力」を争う。「決め手は局面ごとの『定石』を多く学ぶこと。無意味な選択肢を瞬時に絞れば、勝てる選択肢の吟味に時間を割ける」。何を見て、何を考えるか。取捨選択のスピードと精度がプロの証しだ。 PROワイヤレスゲーミングマウス logicool製。 G esportsに万ドル(約50億円)の出資を決めた。FCバルセロナやマンチェスター・シティといったビッグクラブも続々と参入している。

プロゲーマーってどんな人? いつも何をしているの?

福岡初のeスポーツのプロチーム「Sengoku Gaming Extasy」は、シューティングゲーム 「レインボーシックスシージ」 を専門に取り組んでいます。4人の選手たちも18〜22歳とフレッシュな顔ぶれ! ただしゲームは実力主義とあって、年齢重視の縦社会ではありません。

プロゲーマーの練習風景をナマで見られる「casinosite9.com more」!

コンピュータゲームや、ビデオゲームを使って対戦する「eスポーツ」は、近年1つのスポーツ競技として注目されるようになってきました。市場規模は年々拡大しており、eスポーツファンも増加しています。eスポーツとしてプレイされることの多いゲームタイトルは、グローバルに競技タイトル指定されやすいオンライン対戦型アクションRPGの「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」 、FPSの「Counter-Strike」などで、賞金総額も大きいです。

484950515253545556

ディスカッション