ELK社に学ぶスロットのベット戦略。システムベッドの様に使えば勝利に近づく!? スキル

システムベット法ジェームススロット – 307291

カジノではチップ(賭け金)を上げ下げしてコントロールすることによる攻略法が開発されてきました。ここでは スタイルに併せて10個の攻略法(ベッティングシステム)をご紹介 しています。

【10Bet’s Saturday】土曜日は、バカラで遊んで入金不要ボーナスとフリースピンを貰おう!

テーブルゲームには、有名なシステムベット方法である「マーチンゲール法」や、「パーレー法・モンテカルロ法」など、様々な攻略法と呼ばれるベット戦略がありますが、スロットでは、あまり耳にする事がありません。 毎回のラウンドの独立事象で基本50%の勝敗を元に戦略を練るテーブルゲームと、RTPを元に、ほとんど運の要素が強いスロットでの遊びでは、ベット方法の考え方が全く違う様に思えますが、何も無い中で勝負を進めるのが正解では無いでしょう。 という事で、「餅は餅屋」という言葉にならって、スロットの事は「スロット屋」から勉強させてもらいましょう。 今回は、「 Kaiju 」や「 ECUADOR GOLD 」などのクオリティの高いスロットを排出しているELK社のスロットに搭載されている「ベット戦略」を学びたいと思います。 残高のパーセンテージを選択して賭ける方法になります。 ドル持っていれば、1ドルベットで勝負をスタートし、勝ったり負けたりと、そのラウンド毎に、決めた%のベット額に変化させて勝負します。 この方法だと、負ける率が一定になるので、一気に資金が減る事からは回避できますが、負けが連続した場合に、一気に高めることができなくなってしまうので、どちらかというと、低額ベットで大きな当たりが狙えるジャックポット機種に向いてそうです。 レベラーは、基本は一定のベット額で勝負を続け、5回連続で負けた場合、ベット額を2段階アップさせて勝負する方法になります。 配当確率から考えても、5回連続で負けた後は、何らかの配当が得られるだろうという予測の元、一気に取り返す事ができる戦略と言えます。 ブースターは、毎ラウンドで、配当が得られない場合は、ベースレベルからベット額を1段階ずつ最高4段階上までアップさせ、配当成立となれば、ベースのベット額に戻すというベット方法になります。 ちょっとしたマーチンゲール法という感覚ですね。

【ジパングカジノ研究所 Vol.60】過去の検証で最も高いペイアウト率だったシステムベットは?本当に稼げるのはどれだ!?

353354355356357358359360361

ディスカッション