BCゲームトップ3で週間1億円超 バーチャル不動産DECENTRALANDやカードゲームGODS UNCHAINEDなど テクニック

仮想通貨人気のトランプゲーム – 982909

は何らかの原因でメールが弾かれたため、実行者からの重要なお知らせを含む各種通知メールを受け取ることができません。 詳細は こちら のヘルプページをご確認ください。

5月1日(火)から事前登録を開始

ブロックチェーン技術をモチーフにした沢しおんの『 ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿 』は、物語であると同時に技術や法律などの専門知識がないと、わからない事象を解説する手引きとしても面白い。実は、あの事件を解説するような場面があったと作家本人もつぶやいて……。 フィクションを現実が追いかける作品として、密かな盛り上がりを見せているのが作家・沢しおんの『 ブロックチェーン・ゲーム 平成最後のIT事件簿 』(インプレスR&D、)。この作品には、ゲーム業界で開発者や市場解説の執筆などで長く活動した背景がふんだんに生かされている。いま、作品内でも中核的なモチーフとなるブロックチェーン技術を用いたゲームが増えつつある。 コンプガチャとは、コンプリートガチャの略で、<携帯電話やスマートホン向けのソーシャルゲームの一部で採用された仕組みの一つ。「ガチャ」(カプセルトイのガシャポンに由来)とよばれる1回数百円程度の抽選をしてカードを購入し、ある特定の組み合わせのカードを全部揃える(コンプリートする)と、よりゲームに有利な希少なカードと交換できる>( デジタル大辞泉 )というしくみ。このデジタル大辞泉では、補説として<希少なカードを入手したいがため「ガチャ」を繰り返すことで、利用料が高額になることがしばしばあった。これを受けて、消費者庁は平成24年()5月、この仕組みが景品表示法違反になるとの見解を示し、ゲーム配信元各社はコンプリートガチャを終了することを発表した>を紹介しているが、これが沢が指摘する「コンプガチャ問題」のこと。これはコンプガチャが景品表示法(景表法)で禁止する「カード合わせ」に当たる。コンプガチャについて、消費者庁が法律に抵触するとの考えを公表したことで、ゲーム業界が対応に迫られた一連の動きも含み「コンプガチャ問題」と記憶されている(参考資料: 平成25年版消費者白書 )。 RMT問題は、さらに歴史が古い。RMTとは、Real Money Tradingの略で、 デジタル大辞泉 は、<ソーシャルゲームやオンラインゲームの中で用いられるさまざまな仮想的な物品・武器・通貨を、利用者同士が現金で売買する行為。一般的には、ゲーム運営会社の不利益や不正アクセスなどの犯罪行為に結びつく恐れがあるため、多くのゲームでは禁止されている。リアルマネートレーディング。RMT。>と説明する。こちらについては違法ではないため、これのやり取りによって利益を得るRMT業者が存在する。日本では法的規制はないもののゲーム内の秩序を混乱させるため、多くのゲーム運営者はRMTを禁止している。一方海外では、日本でも十年ほど前に一時的に流行したが、現在でも根強い人気のある米リンデンラボ社の「 セカンドライフ 」のように、仮想の物品をリンデンドルで売買し、さらにリンデンドルを現実通貨と交換するサービスがある。また、韓国のように法律でゲーム内アイテムの取引機能をメーカーに対して年齢制限をつけるように規制し、現金売買に伴う詐欺をはじめとした被害を未成年者から守ろうとするなど、RMTに対する対応は様々である。

カードの人気投票などキャンペーンも同時開催

出典: Emergentsの公式サイト。 今回リリースされたカードゲームに先行するものとしては、イーサリアムを使ったゴットアンチェインド(Gods Unchained)、クリプトスペルズ(CryptoSpells)が存在します。また、カードゲーム以外のゲームでは、マイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes)、 ブレイブフロンティアヒーローズ(Brave Frontier Heroes)が存在します。 参考 ・ A Digital Collectible Card Game is Coming Soon to Tezos。 Follow 友達になる。 cc ビットバンク coincheck コインチェック BITPoint ビットポイント バイナンス BINANCE Huobi フォビ フィスコ FISCO GMOコイン DMM Bitcoin DMM ビットコイン QUOINEX コインエクスチェンジ bitFlyer ビットフライヤー Zaif ザイフ 楽天ウォレット BTCBOX BTCボックス クラーケン Kraken ポートフォリオ PR イベントまとめ。

サポーターからの応援コメント

現在、世界ではブロックチェーンを用いたゲームが以上ある(データサイト「 Dapp Rader 」より、24時間で1人以上のユーザーがいるゲーム。年9月24日現在)。さらにはゲームの垣根を超えてキャラクターが相互に使えるようになりつつある。ゲーム単体で楽しむだけでなく、あるゲームで育てたキャラで別のゲームを楽しめるようになるかもしれない。ブロックチェーンゲームは、新たなエコシステムを形成しつつある。 ブロックチェーンゲームで使われるキャラクターやアイテムなどの資産(アセット)は、ノン・ファンジブル・トークン(NFT)に位置づけられる。NFTとは、 この記事 で分類を示したとおり、「代替不可能なトークン」のことを指す。 ブロックチェーンゲームの代表格といえば、先述の記事でも紹介したデジタル猫の収集育成ゲーム「クリプトキティーズ」(Dapper Labs)だろう。このゲームでは、ユーザー(プレイヤー)が猫を取得し、育てるのだが、あるプレイヤーが育てた猫(デジタルコンテンツであり、アセット)と同じ猫は他に一匹も存在しない。代替不可能なノン・ファンジブル・トークンを活用しているので、固有の猫を存在させられる。 このほかにも、米大リーグ(MLB)が年に始めた「 MLBチャンピオンシップ 」では、野球選手のフィギュアを集め育てる。また米プロバスケットボール協会(NBA も、バスケットボール選手を収集して対戦するゲーム「NBAトップショット」を年後半にも 開始 する。

105106107108109110111112113

ディスカッション