スター・ウォーズ登場人物一覧 テスト

賞金を手にしようアンティ – 738502

先日 ピックアップ記事 で取り上げたニュースによると、ユーザーがGoogleに入力する20件に1件の検索キーワードは健康関連にまつわるものなんだそう。信頼できる決まった行き先がないため、とりあえず検索してみる。運良く参考になる情報が見つかることもあれば、まったく見つからずに途方に暮れることもある。

サンデーミリオンの参加方法

フィンランド発・国際的なスタートアップ・カンファレンス【Slush】。昨年幕張で開催された【Slush Asia】、年3月29日~3月30日に開催された【Slush Tokyo】など、今や日本でもスタートアップ界で知らないものはないイベントに なっている。

「挑戦することのカッコよさ」を感じてもらいたい

セットが何々だったかも覚えていないけど、『ホームランド』が入っていたのは覚えてるわ。ホントに苦痛だったの。つまり、『ホームランド』の中から一体どのカードを入れればいいのかってこと。『ホームランド』のカードを入れてデッキを組むのか、それともサイドボードに埋めておくのか。《 Autumn Willow 》がこのイベントで目立ったのはそのせいよ。私は白ウィニーを組んで、サイドボードに《 Aysen Highway 》を入れたわ。これは必殺技だったの。他の白ウィニーと当たったら、これを投入して一気に決めるのよ。言ってみれば、まだウィザーズで働くようになる前に「ぷれいんずうぉーかー」を作ろうとしてたのね。 この話を私から聞いたことがある人は知っての通り、『ホームランド』はあらゆる意味で史上最弱のセットだった。デザイン的に特に秀でているわけでもなければ、デベロップ的に特に強力なセットでもなかった。「え?」と言いたくなるセットだったのだ。しかし、『ホームランド』は新製品だったので、そこに注目を集めたかったのだ。我々は『ホームランド』のカードをプレイさせたかったのだ。《 鋸刃の矢 》がそこかしこにある、だけでない形でプレイさせるにはどうしたらいいかを考え、我々はタイプ2で適正な各セットから5枚のカードを使ってプレイするというフォーマットに行き着いたのだった。 小さい子供がたくさんいました。実際にイベントで勝負していると言えるのは15人ぐらいだけかもしれないと感じましたね。考えてみてください、12歳で17歳と対戦しなければならないのは不公正でしかないでしょう。私は《 ネクロポーテンス 》デッキを使っていて、そのイベントにいたんです。私のマッチはどれも10分か12分ぐらいで終わっていました。 私が初めて《 Demonic Consultation 》をプレイしたのを見てジャッジが笑ったのを覚えています。私は「笑いたければ笑えばいいよ」と思いましたね。最後にはジャッジも真顔になっていました。早いマッチがとても多かったのを覚えています。負けた相手は、メインデッキに《 因果応報 》を入れているプレイヤーだけでした。私はジャッジに、本当にそれがメインデッキに入っているのか確認してもらいましたが、ジャッジはメインデッキにあったと言ったのです。

242243244245246247248249250

ディスカッション