マクラーレンMCL33:鼻孔とクレジットカード型スロット付きノーズ - F1スペインGP テスト

ポールポジションレイザーシャークスロット – 346217

Lucky for you, both the US Dept of Transportation and the European Commission have guidelines in place for airlines to follow, which might just work in your favour。

Ready for your

トップ レース結果 コメント 技術解説 チーム分析 サーキット・ガイド 動画 コラム インタビュー データ レース動画 タイヤ レース写真 GP恋人写真 マシン写真動画 特集 ヘルメット テスト。 マクラーレンMCL33:鼻孔とクレジットカード型スロット付きノーズ - F1スペインGP。 マクラーレン、鼻孔(1,2)と「クレジットカード型スロット」(4)が特徴の新しいノーズとフロント・ウィング。 ノーズの下側は非常に複雑で、空気は鼻孔からスロットに流れ(1,2)、そこからケープ状ベーンに向かう(3,5)。垂直スロット(4 クレジットカード型スロット)がさらに空気を導く。 マクラーレンのアップグレードは、バルセロナで他チームよりも厳しく吟味されていた。 チームの新パッケージのメインの部分(チームが年開幕時に持ち込みたかったもの)は、この新ノーズとフロント・ウィングから構成されていた(上図参照)。 他のマシンからの影響がいくつかあり、ノーズ下にはメルセデス的なケープ状のベーンが、ノーズ前部にはザウバー的な吸気口があり、中央吸気口はレッドブル的な形状をしている。しかし、ノーズ両側にある垂直スロット(クレジットカード型スロットと呼ぶ人もいる)を見れば、アップデート全体が、他のマシンの特徴を選んだだけではないことがわかる。 ノーズ下側は、非常に複雑な気流配置を示している。外側の鼻孔型吸気口がケープ状ベーンに空気を供給し、そこでグラウンド・エフェクトを発生させて、気圧を下げることで気流速度を増加させ、ベーンを酷使してダウンフォースを発生させているように見える。垂直スロットも、ノーズ下面から空気を引出し、上面から排出させることで、ノーズの上面と下面の空力学的効率を改善する。 フェルナンド・アロンソとストフェル・ヴァンドールンは、MCL33の大規模なアップグレードは、これまでのマシンの弱点だったコーナー入口でのリアの安定性を改善したと主張した。アロンソは、バクーよりもポール・ポジション・タイムとの差を縮めたが、順位はほぼ同じだった。 マクラーレンMCL33 技術解説 ・・・・・・・ F1スペインGPの技術解説 メルセデス    マクラーレン    フォース・インディア +関連記事 年05月12日 F1スペインGP予選。 タグ : F1 F1スペインGP 年F1スペインGP マクラーレン マクラーレンMCL33 マクラーレンMCL33技術解説 ノーズ グラウンド・エフェクト クレジットカード型スロット ダウンフォース。

271272273274275276277278279

ディスカッション