時代遅れの「セキュリティコード」に頼る理由 テスト

チップ購入カードを守る – 85063

現在、日本にある非接触式のスキマーは約4センチまで近づかないとデータを抜き取れないレベルのものです。  安全性を確保する意味もあって、日本の非接触型ICカードリーダーはその程度に送信出力を落として設計されています。スイカもポケットや財布から出して、カードリーダーにかざさなければなりません。  4センチまで近づかないとスキミングができないとなると、現実的には電車や人混みで犯罪は起こりにくい  (バッグやスーツの外側からスキミングすることはできます)。  ところが、韓国や台湾などの海外の交通機関で使われている非接触型ICカードのリーダーには半径2~3メートルまでカバーする機器があり、定期入れなどを出さずに素通りできます。  この2メートル級の高出力性能を持った海外製の非接触式スキマーが日本に流入すると簡単にスキミングされてしまいます。  「2メートル級スキマーが日本に持ち込まれたら、日本の『非接触型ICカード』も離れたところから簡単にデータを盗み取られます。メーカーはデーターにスクランブル(暗号)をかけているといいますが、解読できない暗号はありません」  現在、こうした非接触式スキマーを防ぐために電磁波シールドフィルム付きの財布や、スキミング防止カード(非接触ICカードに重ねるとスキミングされなくなる)などが販売されているが、「多くは日本の4センチスキマー対応で、2メートル級から守ることはできません」。  こうした事態を警戒して、 「ステルスカード」という2メートル級スキマーでも防御できる  スキミング防止カードを作販売しています。

新機種の必要スペック

日本国内でクレジットカードがどれくらい使われているかご存じでしょうか? 家計における消費財への支払いを指す「民間最終消費支出」(内閣府)によると、年の民間最終消費支出のうち、約58兆円がクレジットカードによって支払われています。構成比は約19。 まずは、皆さんがお持ちのクレジットカードをごらんください。カードの表面にスマホのSIMカードにも似た金色のチップが張り付けてあるカードはあるでしょうか(下写真)? これがIC化されたクレジットカード(以下、ICカードと略)の証です。 ICとは「Integrated Circuit」の略語。記録や演算をするための集積回路のことを意味し、従来の「磁気カード」(カードの裏面に黒い磁気テープが貼ってあり、ここにクレジットカード番号などの情報が入っているもの)と比べ、構造が格段に複雑になっています。主な特徴は下記のとおりです。 このように「偽造カード」被害に対する高い抑止効果が期待されるIC化ですが、現状流通しているカードは表面にICチップが、そして裏面には磁気テープ(下写真)がついたものがほとんです。そのため、磁気カードが保持する情報がスキミングされてしまう可能性を残しています。この中途半端な状況はなぜ生まれたのか? 次のパラグラフでは、クレジットカードのIC化をめぐる国内外の動きを追ってみたいと思います。

5回に1回の買い物でクレジットカードが使われている

20. WWII 1 3D BC 2 3 :. SOS SOS X. ERA EL ALAMEIN 2 13 2 1 2 3 4.

セキュリティコードを導入しないサイト

WGP     A42 HAKUCHI3 BUCK-TICK CLIMAX TOGETHER. ON SCREEN in Cinema K HUG   HUG    .   5. TAMA BUD GUY BEACH BAD         BAD BOYS J  2 2No 1    II   A4 HANA-BI 10 No    2   GO.

123456

ディスカッション