そのスーコネ、本当に勝てますか? テスト

本当に勝てるテキサスホールデム – 202062

人は皆、失敗をします。しかし、失敗から学ばなければなりません。同じ失敗を繰り返す人間は救いようがないな・・・と思いませんか? ポーカーでも同じこと。失敗から学び、同じ失敗を繰り返さないことが大事です。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

あきら👴:ポーカーは、大体2〜8人がテーブルを囲んでプレイします。テーブルに座ると、一部のプレーヤーには役割が与えられます。 ディーラー か スモールブラインド 、 ビックブラインド です。 あきら👴:3つの役割、覚えましたか?ディーラーは回し親。ブラインドが必要な理由はあまりにみんなが賭けなさすぎるとゲームが回らないからです。笑  ブラインド以外の人たちは、賭けるか降りるか手札を見てから決められます。 あきら👴:最初に何かする(アクション)のはあさこ。アクションは全部で3種類。 フォールド(勝負から降りる)かコール(同額賭ける)かレイズ(さらに賭ける)。 この三つのどれかを行うことができます。

本当に勝てるテキサスホールデム – 250964

「ゼロから勝てるポーカー カジノオーナーが教えるテキサスホールデム」の作品情報

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ビジネス Voice。 東大卒プロポーカープレイヤーの勝負哲学 日本人初のタイトル保持者が戦いのすべてを語る。 トピックボード AD。

このクリエイターの人気記事

実際に 自分がラスベガスで実際にやってみて、成功している方法 を書いていきますので、カジノで勝ちたい人は参考にしてみてくださいね。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

勝率は神の領域と言われる9割。出入り禁止となったカジノは数知れず。そんな破天荒な人生を生きる男の名はプロギャンブラー・のぶき。 ギャンブルで勝ち続けるために必要な思考力、決断力、行動力はそのまま仕事や人生で成功するために必要不可欠な要素だ。事実、のぶきさんの元には様々な企業や学校、団体から就職や転職、ビジネスをテーマとした講演依頼が殺到している。今回は自らの人生を振り返りつつ、そこから得た、仕事や人生で勝ち抜くためのメソッドや人生の岐路に立った時の後悔しないための選択法などをたっぷり語っていただいた。 前回 は、のぶきさんがプロギャンブラーへの道を進む経緯について紹介した。仲の良かった友人たちから軒並み反対されたが、それでも決心が揺らぐことなく道を突き進んだのぶきさん。今回は友人の反対を振り切り単身アメリカに渡っての修業時代を中心に語っていただきます。 でもいくら修練を積んでも、本に書いてある通りに勝てる結果が出なかったんですよ。 ギャンブルって数学の確率・統計なんです。だから1時間ごとにどういうふうになるのか、統計を全部出していくんですね。1日10時間、毎日部屋で延々とカードを配ってるだけ。それが3ヵ月続くんです。 きついとかつらいとか言葉で表現できるレベルを越えてましたよ。毎日ストレスで血を吐いてましたから。

464748495051525354

ディスカッション