競馬で借金地獄もう逆転しようとしないで! 返済負担を減らす債務整理とは テスト

ギャンブルで勝つ秘訣債務調査 – 100583

確かにギャンブルは債務の免責が認められない要因の「免責不許可事由」に該当します。 ですが、自己破産には「裁量免責」という仕組みがあり、裁判所が本人の事情や更生の見込みを個別に判断して自己破産を認めるケースもあるのです。

独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター

公益社団法人の「ギャンブル依存症問題を考える会」は今月6日と7日の2日間、ギャンブル依存症の治療を受けている人を対象に、新型コロナウイルスの影響についてアンケート調査を行い、人から回答を得ました。 治療を受ける前に今の状況になっていたら、どうしていたかという質問では、およそ7割が「ギャンブルで不安を取り去ろうとしていた」と答えました。 また、パチンコなどの依存症だった人に、地域の店が休業した場合、治療前ならどうしていたか尋ねたところ、6割が「県をまたいででも営業している店を探して出かけた」と回答しました。 自由記述では「収入面で不安になり、不安からまたギャンブルを始めてしまいそう」といった声も上がっています。 東京や大阪などでは、休業要請に応じず、いわゆる「3密」の状態で営業を続けた一部のパチンコ店に客が集まり非難の声も上がりましたが、調査を行った団体は、ふだん見えにくい依存症の問題が浮かび上がったと指摘しています。 「ギャンブル依存症問題を考える会」の田中紀子代表は、「こうした中でもギャンブルに行く人は依存症の可能性がある。だめだと分かっていても不安を払拭(ふっしょく)するために出かけてしまう人もいるということを理解してほしい」と話しています。 依存症治療中の人は… こうした中でもギャンブルをやめられない人たちの心理について、現在は依存症の治療を受けている男性2人が証言しました。 このうち30代の男性は、みずからもかつてパチスロに熱中して借金を重ね、勤務先の会社の金にまで手を出すようになり、治療を受け始めました。 男性は「勝っているときの興奮が強く、頭ではだめだと思っていても止められない」と、ギャンブル依存症の人の心理を説明していました。 また、同じく長年にわたってギャンブルにのめり込み、依存症の治療を受けている50代の男性は「今後どうなるか分からないという不安が広がる中で、パチンコに行く人たちの気持ちは分からなくはない」と言います。 男性は「昔の自分が今の状況に置かれたら絶対に同じ行動を取っていた。どんな状況だろうと『自分は感染しない』とか、『自分は大丈夫』などギャンブルに行くための理由を考えてしまうはずだ」と話していました。

パチンコ等のギャンブルの浪費がある破産事件で、無事に免責許可決定を得る事ができた事例

競馬にはまって借金を作ってしまう人の中には、自分では気づかないうちに依存状態になってしまっている方も少なくありません。 借金をしてまで競馬にお金をつぎ込んでしまう人や、気がついたらいつも競馬に関する情報サイトやスマホアプリを見てしまっている……という方は、すでに競馬に強い依存をしてしまっている可能性が高いでしょう。 依存状態になってしまっている人が競馬をやめるためには、ギャンブルにはまってしまう人間の心理について正しく理解したうえで、「治療」という観点から対策を講じていくことが大切です。 以下では、競馬に待ってしまう人の心理状態(競馬をやめられない理由)についてくわしく見ていきましょう。 競馬などのギャンブルにはまってしまうきっかけとして多いのがストレス解消です。 日常のストレス解消のためにギャンブルをする人は多いですが、 問題は、もし負けた場合にはさらに強いストレスを受けることになる点です。 そして、ギャンブルは負けたときに強いストレスを感じさせる一方で、勝ったときには強烈な開放感を与えます。 勝ったときの解放感を渇望してギャンブルをし、勝ったら今度もまたやろうと思いますし、負けたらさらにギャンブルをしてしまう……という悪循環が起こります。 これを繰り返すうちに、ギャンブル以外の日常行為から受ける刺激には鈍感になり、さらにギャンブルへの依存状態を深めることになるでしょう。 競馬その他のギャンブルへの依存から抜け出すのが難しい理由は、このように勝っても負けても悪循環のループが始まってしまうという点にあるのです。 ギャンブル好きな仲間との付き合いも、ギャンブル依存を強める要因となります。 職場など、日常的に交流のある人が競馬などのギャンブルに強い関心を持っている場合、あなた自身がギャンブルをやめようと決心していたとしても強い誘因を感じてしまいます。 完全に競馬をやめるためには、日常的に交流する人とのコミュニケーションの取り方から見直す必要があるでしょう。 上で述べたこととも関連しますが、「過去に大きく勝ったことがある」という成功体験が、ギャンブルの依存から抜け出す際のハードルとなることもあります。 ここで勝ったら今までの分を取り戻せる、という気持ちがある上に、成功体験をしたときの強烈な高揚感を望むあまり、依存状態を深める結果となってしまうのです。 競馬などのギャンブルは、投資効率という面から考えると圧倒的に非効率な手段であることを理解する必要があります。 そもそもギャンブルは、統計的に胴元(運営主体)が有利なように設計されているゲームです(そうでないと長期間にわたって運営が続けられるはずがありません)。 つまり、私たちお金をかける客側がトータルで勝つ見込みは最初からないのです。 株式投資その他の投資では、年間10%のリスクリターンがあれば非常に値動きの大きい投資といえます。 一方で、競馬などを投資としてとらえた場合には、トータルで見てもハイリスクローリターンな非合理的な投資となるケースがほとんどでしょう。 どれほど控えめにいっても、競馬は借金というレバレッジをかけて投資を行うべき対象ではありません。 競馬やギャンブルはあなたの経済状態を致命的に悪くしてしまうものであるということを深く理解する必要があります。

ギャンブルが原因でも自己破産できる「裁量免責」とは?

ギャンブルとは、あるものを賭けてより価値のあるものを手にいれる行為をいいます。 勝つか負けるかはほとんど偶然に支配されています。 日本では、競馬、競輪、競艇、オートレースなどの公営ギャンブルや、宝くじ、スポーツくじ、パチンコ、スロットの遊技などがギャンブルにあてはまるでしょう。 全くギャンブルをしない人もいれば、楽しみのためにギャンブルを行う人もいます。たいていの人はこのカテゴリーにあてはまりますが、中には、ギャンブルによって、金銭的な問題だけでなく、個人の生活に影響を及ぼす場合があります。それがギャンブル依存症といわれるものです。 ギャンブルをなかなか止められない、しばらく止めていても久しぶりにすると止められなくなる。これには、脳内のいわゆる報酬系などの機能異常が原因と考えられています。 脳内には、「脳内報酬系」と呼ばれる部位があります。我々が感じる、気持ちよさ、ワクワク感、多幸感などは、この部位が働いて生まれます。ギャンブルも、やり始めの頃に大儲けした時など、この部位が強く反応して、ドーパミンという快楽物質が大量に作られ、放出されます。 一方、依存状態になると、自分がしているギャンブルを連想させる何か 例えば、パチンコの台 を見たり、聞いたりすると、その時だけ脳の一部が強く反応し、「ギャンブルをしたい」という強い欲求に襲われます。 この欲求を満たすためにギャンブルをしても、ドーパミンが放出されないために、この欲求は充分に満たされません。その結果、益々ギャンブルがエスカレートしていくわけです。

273274275276277278279280281

ディスカッション