超高額当選者の名前、匿名の大義と、公開の大義 テスト

当選動画ありベガスカジノ – 497378

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。

ラスベガスでジャックポットを当てた日本人がいる。

カジノに行くと、テーブルゲームとスロットマシンなどの電子ゲームの2種類のカジノゲームが用意されています。 多くの場合、一攫千金を手にするのは、後者のスロットで遊んでいる方になります。スロットは、50セント程度から賭ける事ができ、ジャックポットと言われる、一番確率の低い絵柄が揃えば、1000ドル〜1000万ドル以上の賞金を一発で獲得できるのです。 これはテーブルゲームで遊んだチップの合計ではなく、スロットマシンを遊んで、ジャックポットを当てて、1200ドル以上の勝利をした場合のみとなります。この場合、ラスベガスのカジノでは税金が必要になります。この金額は、国によって様々な規定があるので、アメリカは1200ドルと覚えておけば大丈夫です。 テーブルゲームやスロットの通常の配当でも、積み重ねれば、1200ドル以上の勝利を手にする事はあると思います。この場合も当然、税金は必要になるのですが、チップも1200ドルを600ドルずつ、時間を分けて換金されれば、全くわかりませんし、スロットは、現金がそのまま出てくるので、勝利金額の証拠がありません。この様な「遊びの習慣」は管理できないから、管理できる賞金はしっかりと管理するという流れになっていると予想できます。 ジャックポットが当選すると、スロットマシンがフリーズして、画面に「Jackpot Call Attendant」という表示が現れます。 「ジャックポットが出たので、従業員を呼んでください」という事です。

関連記事(一部広告)

ラスベガスで「億」を超える金額のジャックポットが当たったというニュースがたまにメディアを賑わせることがありますが、ほとんどアメリカ人や外国人で、日本人が当たったという話題を耳にする事はありませんでした・・・ですが、調べてみると、日本人がジャックポットを当てた事があるようなんです。 当てたのは「この人」。 ラスベガスのジャックポットというと、当選が出てリセットされても1000万ドル(約10億円)から始まる「メガバックス(MEGABUCKS)」が有名ですが、この日本人男性が当てたのは、「ホイール・オブ・フォーチューン(Wheel of Fortune)」という機種。

ラスベガスで旅行中にジャックポットが当たった!

Our games are for entertainment only。 All points in the game stay in the game and all game points have no cash value。 Although in-game currency can be purchased for real money or won during gameplay, none of the items in the game have any cash value。

232425262728293031

ディスカッション